少しばかり前の話になるんですが、花火大会に行きました。浴衣を着たりして気分もあげて張り切って行ったわけです。
でもその花火大会は結構大きなもので人がごった返していました。

屋台の通りを歩くだけでも、まるで人の渋滞で全然前に進めない状態でした。
やっとこさ屋台で食べ物を買っては道から外れて休憩し、それを繰り返していました。

でも私はふと思ったんです。この人の量では帰る時もまた大変な混雑になるのではないかと。
なので私は花火が始まるその前に退散することにしました。

花火は帰りの車の中から眺めるといった感じで。
おかげで渋滞に巻き込まれることなくスムーズに家路につくことができました。

夏の風物詩的な存在の花火大会で最後の最後で嫌な思いはしたくないですからね。